平成27年度 小禄病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 4 10 24 36 63 180 227 330 174
▽集計方法
平成27年4月1日から平成28年3月31日の期間で退院された患者さんの数について、年齢階級別(10才刻み)に示したものです。
▽解説
例年全体の患者数、年齢分布傾向はほぼ同じですが、60歳以上の患者さんは全体の87%となっており、 生活習慣病(心臓疾患・糖尿病・脂質異常症)などで通院される高齢者の方、介護を必要とされる 地域高齢者施設を利用者さまの急性発症した病気に対しての治療・医療支援のニーズが増加しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080X099X0XX 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし  134 22.0 14.0 2.2 78.8
110310XX99XXXX 腎臓または尿路の感染症 手術なし 83 28.1 13.0 2.4 82.1
100070XXXXXXXX 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 48 15.6 15.0 0.0 64.1
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020180XX97X0X0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし 片眼 31 3.7 9.0 0.0 64.1
020200XX9700XX 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 17 5.8 8.0 0.0 63.5
020240XX97XXX0 硝子体疾患 手術あり 片眼 10 4.6 7.0 0.0 67.4
▽集計方法
一般病棟において、DPC14桁分類で患者数の多い3症例について診療科別に示したものです。
※DPC14桁分類とは、入院で行われた治療行為を、医療資源を最も投入した傷病名に手術、処置の 有無などを組み合わせて示したもので 「診断群分類」とも呼ばれます。
▽解説
内科については、高齢者の呼吸器、腎・尿路系感染症治療とともに合併症のフォローを含め、 退院後の在宅医療支援を積極的に取り組んでいます。また、誤嚥性肺炎も増加しており、 摂食・嚥下機能が低下して誤嚥性肺炎をおこした患者さまについて、機能評価などを行い 誤嚥性肺炎の再発の予防・摂食機能訓練にも努めています。 高齢者糖尿病に対する加療や教育についても 通院治療に限らず入院教育パスなどで多職種介入し支援しています。
眼科については、網膜硝子体疾患については二次医療圏のみならず、県内外の離島からの 紹介を受け関連手術、治療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 0 0 0 0 0 0
大腸癌 0 0 0 0 0 0
乳癌 0 0 0 0 0 0
肺癌 0 0 0 0 0 0
肝癌 0 0 0 0 0 0
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
▽集計方法
5大癌であって初発患者かつ最も医療資源を投入した傷病名をICD10別に区分しその患者数を示したものです。
▽解説
通院、入院治療経過において悪性腫瘍を積極的に疑う症例があった場合は他総合病院又は専門医への紹介を行い、 確定診断並びに手術、治療を依頼しています。治療後は、医療機関や施設等との連携によって在宅医療など 後方支援を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 29 9.4 58.5
重症度 1 65 23.2 85.2
重症度 2 27 40.2 82.9
重症度 3 11 31.9 90.2
重症度 4 3 19.7 87.0
重症度 5 1 62.0 94.0
不明 1 19 79.0
▽集計方法
入院契機及び最も医療資源を投入した傷病名のうち成人の市中肺炎ICD10がJ13~J18$で 始まる症例について重症度分類別に示したものです。
▽解説
症例数では中等症の割合が最も多く、全体の67%を占めています。高齢になるほど 糖尿病や心臓病、慢性呼吸器疾患などの合併症をもっていることが多く、これも重症化、平均在院日数延長の原因となっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 3 7.3 77.3 0.0
その他 0 0 0 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 4 35.5 83.3 50.0
その他 1 18.0 100.0 0.0
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
▽集計方法
最も医療資源を投入した傷病名のうち脳梗塞ICD10(G45$,G46$,I63$,I65$,I66$,I675,I679)の症例について各項別に示したものです。
▽解説
薬剤を中心とした保存的治療やリハビリテーションの早期介入。また、再発症予防のための危険因子の管理などを行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 14 78.6 109.7 7.1 88.3
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 13 0.1 1.0 0.0 65.8
K386 気管切開術 5 146.8 260.2 0.0 80.8
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 192 1.7 7.4 0.0 73.8
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 84 1.4 3.1 0.0 65.5
K279 硝子体切除術 15 1.3 3.2 0.0 76.5
▽集計方法
診療科別に手術件数の多い3術式について示したものです。
▽解説
内科領域手術は、終末期認知症や脳梗塞後遺症などで自力摂取が困難になった患者さまに対して 経腸栄養法を行うための胃瘻造設術。重度意識障害や繰り返す肺炎などでの呼吸不全、気道分泌多く 自己排痰ができない患者さまに対して長期的な呼吸管理を行うための気管切開術などを行っています。 内視鏡的結腸ポリープ切除は、一般的には大腸カメラは外来で行い、術後出血する可能性があるとき には短期間入院していただき、止血剤などの治療にて出血がないことを確認した後に退院としています。
眼科領域手術は、県内外離島の医療機関からの紹介による網膜硝子体関連手術や合併症を有する 白内障手術などが増えています。また、白内障手術の基本は、ご本人の生活の質の向上ですので、 ご本人の希望される時に、安全で行なえるよう手術方法を選択し、視機能改善に努めています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 0 0
180010 敗血症 同一 0 0
異なる 0 0
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 1 0.08
180040 手術・処置等の合併症 同一 7 0.06
異なる 0 0
▽集計方法
最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置の合併症について、 入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者数と発症率を示したものです。
▽解説
「手術・処置等の合併症」については、白内障手術の後、眼内のレンズ脱落や偏位などで他医療機関からの紹介で 再手術となった症例でした。この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも 改善すべきものとして示したものです。
更新履歴
2016年09月30日